太陽光発電パネルの設置時の補助金や助成金について

太陽光発電の補助金のあわせワザ、ご存知でしたか?

太陽光発電システムの設置・導入には、経済産業省の補助金制度をはじめ、国・都道府県・市区町村のそれぞれが独自の補助制度を導入しています。しかも併用が可能。たとえば[国から20万円]+[東京都から30万円]+[区から20万円]など、80万円近い補助を受けることも可能なのです。これらの各自治体が助成している補助金を利用する事で導入に関するコストを非常に押さえることができます。

平成22年度も昨年度同様、発電量1kWあたり7万円の補助金が出ます。一般家庭用システムは約3kW。この場合、21万円の補助金になります。予算枠は拡大され、15万台分が確保されていると言われています。国も自治体も、補助金を受けるには「何キロワットのシステムを何万円以内で買う予定です(買いました)」という書類が必要となってきます。そのため先着順の補助金の場合は特に、“先に見積もりだけはとっておく”という賢い方もいらっしゃいます。補助金を確実に得たい方は、お早目にお見積りをご依頼ください。

また、あまり知られてはいないのですが、住宅金融公庫ではシステム出力3.00kW以上のシステムを設置した場合、200万円の割増融資が受けられたりします。

経済産業省実施の国の国の補助金(設置)

平成23年度も昨年度同様、発電量1kWあたり4.8万円の補助金が出ます。一般家庭用システムは約3kW。この場合、4.4万円の補助金になります。今年度は15万台分が確保されていると言われています。また公称10KW以上のシステムについては補助金がでませんのでお求めいただく際にご注意ください。

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金申請
補助金の対象となる太陽光発電システムについて[J-PEC 太陽光発電普及拡大センター]

応募期間
〜2011年12月22日(木)必着

導入を予定している場合の補助金額を知りたい場合(J-PEC)

自治体の補助金

経済産業省実施の国の補助金以外でも都道府県、地方自治体からも補助金が出る場合もあります。こちらの場合も各自治体が独自に予算設定している関係で早期に終了してしまうこともありますので、設置の際はお早目にご確認いただいたほうが得策です。お問い合わせいただければ、弊社にて確認、ご返答することも可能です。

そのほか、各自治体やお問い合わせや、お見積もりいただければ、こちらでお調べさせていただきます。

そのほか補助金などについての情報はこちらにもあります

住宅用太陽光発電について

お見積もりはこちらから

estimation

カンタン♪もちろん無料お見積もりフォーム

自治体によって異なる補助金など複雑な費用体系も分かりやすくお得な方法をご提案します。お気軽にお見積もりください。

お問い合わせ

便利なお問い合わせフォームなら24時間いつでもOK。お気軽にお問い合わせください。

24時間いつでも便利。お問合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせは

よくあるご質問

このページトップへ戻る