Googleが住宅用太陽光発電に追加出資

アメリカ国内の話になりますが、グーグルが住宅用の太陽光発電設備のパートナー企業のSolarCityを通じて、2億8000万ドル追加投資を決めると発表。Googleは2億8000万ドルのファンドを設立し、SolarCityの住宅用太陽電池アレイ導入に資金を提供する。SolarCityは、太陽光導入にかかる価格を手頃な価格にに抑えるか撤廃できる方法を取り入れているとのこと。
現在においてもsolorcityの多くの顧客が先行投資を希望しないリースのオプションを使用しているようです。

Google Partners with SolarCity to Create $280 Million Fund for Residential Solar Projects, Nation’s Largest to Date

SolarCityでは、太陽光パネルの設置だけでなくレンタルも行っている。利用者はパネルを購入する必要はなく、SolarCityがパネルを所有しメンテナンスする。結果、SolarCityは太陽光利用による州税や連邦税の控除を受けることが可能だ。利用者は月額利用料を支払うことになるが、それでも月額電気料金は削減できる。

神奈川県の太陽光発電に普及パターンについても、同じようなレンタルも導入されるとの報道がありましたが、

SolarCity

SolarCity
ソーラーシティーは太陽光発電の設置、施工だけでなく安価に設置できるレンタルサービスなども展開しているgoogleのパートナー企業です。

Googleのパートナー企業ということで、iPadやiPhoneなどのデバイスで発電量が確認することができたりとインターネットに接続された端末からチェックできるようなサービスも提供しており、アリゾナ、カリフォルニア、コロラドなどのアメリカの州の一部にクリーンな太陽光発電の設備の設計や施工、メンテナンス、監視などの一環サービスを提供しています。また、電気料金の値上がりに対しても太陽高発電は有効なエネルギーであるという姿勢を表している企業です。日本の太陽光発電もこうした動きに続いて欲しいですね!

お見積もりはこちらから

estimation

カンタン♪もちろん無料お見積もりフォーム

自治体によって異なる補助金など複雑な費用体系も分かりやすくお得な方法をご提案します。お気軽にお見積もりください。

お問い合わせ

便利なお問い合わせフォームなら24時間いつでもOK。お気軽にお問い合わせください。

24時間いつでも便利。お問合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせは

よくあるご質問

このページトップへ戻る