京セラ「ラックレス方式」住宅用太陽光発電システム発売

京セラは13日「ラックレス(架台無し)方式」で屋根に設置できる独自施工に対応したECONOROOTS(エコノルーツ)® typeU(タイプユー)」を発売した。

独自開発の金具によって搭載容量を最大で50%向上

ECONOROOTS(エコノルーツ)® typeU(タイプユー)」は京セラ独自に開発した金具を用いることで屋根に設置する際のレイアウトの自由度が高まり搭載容量を最大で50%向上。ラックを使用しない為に設置に使用する部材点数の削減、屋根への重量負担軽減、施工工数の削減が可能となった。

今回のこのECONOROOTS(エコノルーツ)® typeU(タイプユー)」を発売することによって、余剰電力買い取り制度導入によって、より多くの電力を発電するために、『太陽電池の搭載量を増やしたい』といニーズに答えるためのものとのことです。

■「ラックレス方式」について ※特許出願中
従来は、太陽電池モジュールを屋根に固定する際、ラックを使用していましたが、新製品『ECONOROOTS typeU』では、独自開発の「クランプ」金具を屋根に取り付け、直接モジュールを挟み込む施工方法を採用。ラックを使用せずに太陽電池を搭載することが可能です。

l住宅用太陽光発電システム「ECONOROOTS(エコノルーツ)® typeU(タイプユー)」市場投入

お見積もりはこちらから

estimation

カンタン♪もちろん無料お見積もりフォーム

自治体によって異なる補助金など複雑な費用体系も分かりやすくお得な方法をご提案します。お気軽にお見積もりください。

お問い合わせ

便利なお問い合わせフォームなら24時間いつでもOK。お気軽にお問い合わせください。

24時間いつでも便利。お問合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせは

よくあるご質問

このページトップへ戻る