ロンドン・テムズ川に掛かる橋に三洋電機のHIT太陽電池モジュールが採用

ロンドン最大の太陽光発電システムにHIT太陽電池モジュールを採用

という記事から。

写真を見ても分かりますが、近代的な橋の上にある駅になりそうです。ロンドンで最大規模の太陽光発電システムで1.103MW。太陽光発電システム以外にも自然光取り入れや、雨水の活用など省エネを意識した駅になりそうです。

英国ロンドン市内のテムズ川に架かる橋上にあるブラックフライアーズ駅の再開発プロジェクトにおいて、このたび、パナソニックグループ三洋電機株式会社製のHIT太陽電池モジュールが採用され、設置工事が開始されました。2012年夏の設置工事完成後は、世界最大のソーラーブリッジになります。
 採用されたHIT太陽電池モジュールは、4,410枚で1.103MW規模、発電される電力量は、年間900MWhが見込まれており、ロンドンで最大規模の太陽光発電システムとなります。この太陽光発電システムで、ブラックフライアーズ駅で使用される電力の50%を賄うとともに、年間約511トンのCO2排出量を削減します。
 ブラックフライアーズ駅は、乗客向けサービスのさらなる向上のため、英国 ネットワークレール社により、再開発が行われています。この再開発で取り付けられた駅舎の新しい屋根に、6,000平方メートル分のHIT太陽電池モジュールが設置されます。また、新しい駅舎では、太陽光発電システムに加えて、雨水の有効活用や自然光取り入れなどの最新の省エネ技術が採用される予定です。

 ネットワークレール社のブラックフライアーズ駅再開発プロジェクトのリンゼイ・バンプリューディレクターの話
「我々は、より優れた列車運行サービスを提供できる広くて現代的な駅舎の建設を進めています。同時に、新しいブラックフライアーズ駅を、より環境にやさしく、より持続可能な駅にするために、ロンドン最大規模の太陽光発電システムを設置することにしました。ブラックフライアーズ駅のビクトリア様式の鉄橋は、ロンドンにおける鉄道史の一部です。我々は、蒸気機関時代に造られた橋を、21世紀の太陽光発電技術によって、時代を越えてロンドンの象徴的な駅舎に作り変えます」
 太陽光発電システム導入にむけて設計と設置を担当したソーラーセンチュリー社のデリー・ニューマンCEOの話
「ブラックフライアーズ駅は、太陽光発電にとって理想的な位置にあり、新しくて象徴的な広い屋根は、ロンドンの中心部にあります。駅舎と橋は、ロンドンの都市景観と一体であり、この施設が、将来にむけて再生可能エネルギーを創出していると考えると感動的です。現在、太陽の光によって電力が供給される何百もの建物があり、この技術の普及にむけた投資資本が集まっています。太陽光発電システムが作動していることを人々が理解することは、クリーンエネルギー時代にむけて重大なステップです」

三洋電機の子会社であるサンヨー・コンポーネント・ヨーロッパ社 ソーラー部門の小松茂樹ディレクターの話
「三洋製のHIT太陽電池モジュールが、ブラックフライアーズ駅の再開発に使用されることを非常に誇りに思います。我々の太陽電池モジュールの変換効率の高さは、必要とされるスペースにおいて理想とされる最大の発電をおこないます。この有名なロンドンの象徴的な建物に設置される当社の太陽電池モジュールが、いかに都市の環境保全を支援することができるか、地球温暖化を最小限にすることができるかを実証することで、太陽電池や他の再生可能エネルギー技術に関する理解を促すことを望みます」

お見積もりはこちらから

estimation

カンタン♪もちろん無料お見積もりフォーム

自治体によって異なる補助金など複雑な費用体系も分かりやすくお得な方法をご提案します。お気軽にお見積もりください。

お問い合わせ

便利なお問い合わせフォームなら24時間いつでもOK。お気軽にお問い合わせください。

24時間いつでも便利。お問合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせは

よくあるご質問

このページトップへ戻る