アップルも太陽光発電でクラウドデータセンタを運用

アップルも太陽電池、米国最大規模の燃料電池と組み合わせてデータセンターを運営

現在iTunesなどのクラウドサービスを順次拡充しているアップルですが、建築中の米国南東部のノースカロライナ州メイデンのデータセンタでは、燃料電池と太陽光発電の仕組みで電力を供給するらしく、エンドユーザーとしては最大規模になるようです。

太陽光発電システムの年間出力は明らかにされていない。ただし、同データセンターが敷地内で生み出す再生可能エネルギーの合計年間出力が4200万kWh

であるため、次に紹介する燃料電池システムの出力との差分から、約200万kWhではないかと考えられる。2012年末にはデータセンターと隣接した出力5MWの燃料電池システムと接続する。これは電力会社などが所有するものを除けば米国では最大規模になるという。燃料は全てバイオガス*2)であり、年間発電量は約4000万kWh。燃料電池はデータセンターのベースロードを賄うという。

アップルはほかにもデータセンタの効率化や再生可能エネルギーの使用にして戦略をたてて実行にうつしているようです。

お見積もりはこちらから

estimation

カンタン♪もちろん無料お見積もりフォーム

自治体によって異なる補助金など複雑な費用体系も分かりやすくお得な方法をご提案します。お気軽にお見積もりください。

お問い合わせ

便利なお問い合わせフォームなら24時間いつでもOK。お気軽にお問い合わせください。

24時間いつでも便利。お問合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせは

よくあるご質問

このページトップへ戻る